『いちゼミのいいところ』 都立西高校合格 堀之内温子さん
2009年 3月 16日

なんといっても第一ゼミナールのいいところは、塾長をはじめ、先生方がオモシロイ人ばかりで楽しく授業を受けられることと、わかりやすい授業です。そんなわけで私は一ゼミを信頼し、先生に勧められたことはすべてやるように心掛けました。一つ目は模試の活用です。6月から受け、毎回見直しをして自分の苦手を知りそこを勉強することによって苦手を克服するよう努力しました。最初の西校の模試判定は(・_・)でしたが、最後は(^O^)/となり、受験直前はそれをみて「この判定をとったんだから、絶対受かる!」と思うようにしてきました。もう一つは、塾長から「提出物は絶対出すように。学校の授業はしっかり聞いておくように」とよくいわれたことです。振り返ると、このことはとても重要だったと感じています。提出物を出すことと、授業態度の良さで内申点が1ランク変わるからです。それと受験直前での学校の授業内容が、本番のテストの数、理、社でそのまま出でたのには驚きました。「授業をまじめにやっていてよかったー」と問題を解きながら思いました。

私たちの代では、夏の合宿、冬の一日合宿があり、スケジュールは朝から晩まで勉強でしたが、ちゃんと息抜きの時間もあり、塾のメンバーと一緒に勉強し一緒に生活したことで連帯感も生まれ、中身の詰まった時間だったと思っています。「一人じゃないんだ。みんなで受かるんだ」という気持ちが塾全体にあったと感じています。それは心の支えにもなりました。受験直前での対策では、塾の自習室を活用しました。わからないところ、記述問題の質問に先生が答えてくれることが追い込みの時期に助かりました。私は小学校から塾に通っていますが、中3はほんとに第一ゼミにどっぷりつかった生活でした。充実していたと思っています。受かって本当にうれしかったです。ありがとうございました!!高校も引き続きよろしくおねがいしまーす!!!

    都立 西高校 合格         堀之内 温子 さん