『努力はキミを裏切らない』 都立八王子東合格 河田瑠衣さん
2009年 3月 16日

中3になってすぐは、「受験生」なんて自覚はなかった。夜に寝ないで一生懸命勉強する自分・・・・というイメージは全く想像していなかった。まあ実際には寝ずに勉強するようなことはなかったけれど。

私が真剣に受験を意識しはじめたのは、中学3年生の夏休みに入ってからだった。その頃から第一ゼミでの受講科目も増やしていった。科目が集中している日は大変だったが、先生たちのおもしろい授業のおかげで、興味をもって勉強することができた。2学期からの模擬テストでよい成績を残すことができたのも、夏休みからしっかり勉強した成果だと思う。

入試を目前に控えた冬休みになると、私もいよいよ入試モードに切り替わった。
最も苦手としていた数学は、都立一般コースと、私立自校作成コースの2コースを受講することにした。(2コースとも受講したのは私を含めて2人だけだったそうです)これは、正直キツかった(笑)。塾長の冬休み特訓授業は、1コースだけの予習・復習でもふつうは目いっぱいなのに、私はあえて2つのコースを受講した。とてもつらかったが、直前の練習としてはこれ以上ないほどの実力アップにつながった、と私は思っている。

受験はあっというまにやってくる。特に、1ヶ月を切るとすぐだ。時間の流れが速すぎて、自分が取り残されているようで、不安になってしまうことも多い。けれど、努力は自分を裏切らない。だから精一杯努力した方がいい。自分で努力して、その結果自分のために志望校に合格するのだから。

第一ゼミナールは、私たちの努力を、塾長をはじめとする先生方が本当に親身になって支えてくれる。私にとってとても心強い塾だった。先生たちの言葉は、私たちが困ったときにとても心にひびいた。それに、第一ゼミナールには、一緒に目標に向かって頑張る仲間もいる。夏の合宿では、みんなでがんばろう!という仲間意識も生まれ、それも私の心の支えになった。

第一ゼミナールで一生懸命に勉強した私は、その結果今第一志望校に合格し、高校生として日々を過ごしている。合格を目指して、塾で一生懸命仲間たちとあきらめずに頑張り続けてよかった、と今の私は自信を持っていうことができる。
第一ゼミナールの後輩諸君。
大切なことだから、先輩としてもう一度言う。
キミの努力は、絶対にキミを裏切らない。
だから、自分を信じて、塾の先生方を信じて、たっぷり努力をしてほしい。

     都立八王子東高校 合格  河田 瑠衣 さん