『私といちゼミと受験』 都立西高校 合格 堀之内あゆさん
2012年 6月 16日

 私といちゼミと受験 

 私が第一ゼミナールに入塾したのは、小学4年生のときでした。私は勉強させられることがあまり好きではなかったので、最初は「なんでわざわざ放課後に勉強する必要があるのだろう」とあまり乗り気ではありませんでした。でも、いちゼミの授業は私の想像以上に楽しく、塾に行くのがだんだん好きになっていきました。

 いちゼミに通い始めて6年目になったとき、私たちはいよいよ受験生になりました。中学3年生になったばかりの頃、私はまだ本気で勉強と向き合っていませんでした。学校の行事にも一生懸命取り組みたい。引退を控えた部活動も頑張りたい。そういうとき、いちゼミでは勉強だけでなく、時間の使い方やこれからのスケジュール、そして今やるべきことを1人1人に細かくアドバイスしてくれます。夏になると部活と勉強の両立が本当に大変だと思う時期もありましたが、いちゼミの先生方が私達受験生を力強くサポートしてくれたおかげで、なんとか乗り越えることができました。

 中3の夏休み。夏期講習前に、塾長との三者面談で志望校もきちんと決まり、部活動も引退した私は、それまでにないほど本気で勉強しました。いちゼミでは、夏期講習のほかに、夏休みの勉強合宿というイベントがあります。合宿は、朝から一日中勉強をするのでとても充実した時間を過ごすことができます。自分だけ頑張っているんじゃない。仲間たちも先生たちも一緒に頑張っているんだと思うと、自然とヤル気がわいてきます。自分だけ、ではなく、みんなで第一志望に合格したいね、という思いも強くなりました。

いちゼミの塾生どうしは、お互い学校がちがっても、塾生どうしの絆があるというところが特徴だと思います。そのことは、受験直前になったときに本当によかったと思いました。いちゼミでは、かなりレベルの高い勉強をしていても、教室の中はピリピリせずとてもよい雰囲気でした。また、塾生と先生の仲の良さも、他の塾にはないところだと思います。

受験生としての1年間、つらいこともいっぱいありました。でも、振り返ってみれば、どんなときでもいちゼミが私を受け入れてくれました。そして楽しく勉強を続けてこれたおかげで、無事に第一志望の高校に合格することができました。本当にありがとうございました。 

都立西高校 合格  堀之内あゆ さん