【新中学2年生】4月のいちゼミ
2019年 3月 30日

☆★☆★ 無料体験 受付中!! ★☆★☆
お気軽にお問い合わせ下さい!
お友だちどうしのご参加も大歓迎です。


いちゼミの最大の特徴であるのが、英語・数学は 週2回の曜日選択制 であることです。部活動と両立させつつ学習効果を高めるために、科目の特性上、英語・数学は週2回がベスト。学習効率は、単純に時間ではなく、コーチングの機会も影響します。週1回の授業では、1カ月に4回のコーチしかできません。しかし、週2回の授業では、1カ月に8回のコーチを受けることになります。コーチングの機会が倍増することと、時間を短く回数を増やすことの効果で考えるなら、週2回しか考えられません。しかし、塾側として、週2回のクラスを設定するのは、実はものすごく大変なのです。みんなの都合をあわせたり、先生の都合をあわせたり・・・・それを解決するために、いちゼミでは 曜日選択制 を採用しています。この制度を導入している学習塾は、三鷹市にはもちろん、都内にもほとんどありません。なぜなら、「すべてのクラスの進度を合せる」ということが、至難の業だからです。長年かけて十分に練り上げられたテキストと、指導力のある社員講師という2つの条件を兼ね備えているいちゼミだからこそできる、他塾にはまねのできない特別なサービスなのです。

 

英語 週2回×55分授業
※選べる曜日選択制
月・火・水から1日、木・金・土から1日選択
組合せ自由&週によって変動OK


数学 週2回×55分授業
※選べる曜日選択制
月・火・水から1日、木・金・土から1日選択
組合せ自由&週によって変動OK

国語 週1回×85分授業
【定期テストの得点力アップを目標】
ワーク教材を用いて、教科書の内容を「先取り学習」します。
学校の定期テストの得点をアップすること= 国語力をつけること
ではありません。テストに出題される「要点」を前もって習得していくことが、定期テストの得点アップのヒントです。

【学校別定期テスト対策】
定期テスト直前の日曜日には、各学校の試験範囲別に、テスト対策の授業が2回組まれます。1回の参加費は、通常1620円(税込)なのですが、国語の受講者は、2回とも無料で参加OKという特典がつきます。

 


理科 週1回×85分授業
【定期テストを近い目標に設定】
学校の授業で習ったことが、どのような問題で定期テストに出題されるのか、を事前に学びます。

【わからない・・・を、わかるへ】
中学2年生になると、理科の内容も少しずつ難易度がアップしてきます。学校のワーク問題などで、「やってみた」⇒「わからない」⇒「解答を確認した」しかし、それでもまだ「わからない」といったこともおこってくるでしょう。そういうときに、いちゼミでは少人数クラスで、みんなの「わからない」をとことん解決していきます。

【伝統の理科マラソン】
定期テスト直前の日曜日には、「理科マラソン」という、自分の学校のテスト範囲の問題を120分ノンストップで解き続けるというイベントを2回実施します。1回の参加費は、通常1620円(税込)なのですが、理科の受講者は、2回とも無料で参加OKという特典がつきます。


社会 週1回×85分授業
【労力減少・時間効率アップ】
歴史・地理の内容を、様々な視点から分類し、要領よく体系的に覚えることできるように指導していきます。「塾に行くと、その分忙しくなる」と考える方が多いようですが、いちゼミの社会に関して言えば、自分でまとめたり、覚えたりする時間を考えれば、かなり効率が良くなると思います。

【伝統の社会マラソン】
定期テスト直前の日曜日には、「社会マラソン」という、自分の学校のテスト範囲の問題を120分ノンストップで解き続けるというイベントを2回実施します。1回の参加費は、通常1620円(税込)なのですが、社会の受講者は、2回とも無料で参加OKという特典がつきます。

2019年4月からの新しい取組

週1回×30分 (中2生・中3生のみ)
塾生は、だれでも参加することができます。

【内申アップへの、さらなる秘策】
いちゼミでは、4月より、ホームルーム制を導入します。
「え?塾でホームルームって、いったい何すんの?」
はい。それは、どこにもない新しい取組なので、多くを語ることはできませんが、ただ1つだけ言えることは、
<内申アップをもっとも得意としているいちゼミが、さらなる次の一手に着手します>
ということです。お楽しみに!

高校入試をより有利に進めるために・・・

※塾生限定のサービスです。外部生は受講できません。
⇒詳細は こちら


◆いちゼミ中学生クラス 料金表はこちら

※中学生の部の料金表は、こちら⇒中学部料金表2019

☆★☆★ 今週の時間割 ★☆★☆

 

 

<塾長の入塾相談>

【入塾案内スケジュール】は、こちらから。