お問い合わせ

お問い合わせ方法

体験授業(授業見学)や説明会・相談会のお申込み、その他入塾に関するご相談は、 お電話、または、下のボタンから表示される問い合わせフォームよりご連絡ください。

0422-47-8933

(フォームからのお問い合わせは、24時間受け付けております。)

 

よくあるご質問

Q1 月の途中での入会はできますか?
A1 はい、できます。月の途中での入会は可能です。
①無料体験授業に参加 ⇒②個別面談 ⇒③ご入会のお手続き というのが一般的な流れとなります。
月の途中からご入会の場合には、授業料は塾内の決まりに従って割引させていただきます。(割引額は最大半額までとなります)
入会月の授業料が割引対象となっている場合には、翌月分の授業料もご一緒にお納めいただくことになっております。ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

Q2 入塾テストはありますか?
A2 いいえ、ありません。
たった1回のテストで生徒さんの学力を把握することはできない、というのが第一ゼミの考え方です。成績がよい、悪いではなく、お子さんが第一ゼミナールで勉強したい、という気持ちがあるかどうか、を大切にしています。

Q3 無料体験といっても、教材費などかかりますよね?
A3 クラス授業の場合には、まったくかかりません。
原則として、各教科2回まで、合計3回まで無料で体験していただくことができます。教材費・事務費用・科目登録料といった名目で料金をご請求することはありません。
ただし、個人指導(完全1対1授業)の体験は、60分につき1080円(税込)の体験料が必要となります。

Q4 先生は専属の講師の方ばかりですか?
A4 専属の講師(社員講師)は、第一ゼミ塾長 西村先生、高校部部長 中川先生、本部教室長 佐藤先生、漢検コンシェルジュ 田中先生 の4名です。 その他の若手講師陣は、塾長の指導方針、塾の雰囲気、テスト対策、生徒のみなさんとのふれいあい方をよくわかっているアルバイト講師です。
第一ゼミでは、OBが大学生になって講師となり後輩たちの指導にあたるというのがよき伝統となっております。

2016年度 アルバイト講師スタッフ
安盛 史朗 先生 《第一ゼミOB講師》 都立武蔵  → 東京学芸大学 在学中
小椋 隆馬 先生 《第一ゼミOB講師》 都立戸山  → 東京学芸大学 在学中
佐々木達弥 先生 《第一ゼミOB講師》 都立神代  → 学習院大学  在学中
藤田 康平 先生 《第一ゼミOB講師》 都立武蔵野北→ 学習院大学  在学中
舘市 健太 先生 《第一ゼミOB講師》 都立豊多摩 → 早稲田大学  在学中
本庄 光太郎先生 《第一ゼミOB講師》 都立国分寺 → 東京学芸大学 在学中
名古屋ゆうか先生   《第一ゼミOB講師》 都立立川  → 日本女子大学 在学中
遠藤 みのり先生  《第一ゼミOB講師》 都立武蔵野北→ 東洋大学   在学中
岡本 圭太 先生           錦城高校 →明治大学 在学中
吉元 崇人 先生          都立立川 →東京都立大学 在学中
小林 海  先生  《第一ゼミOB講師》 都立武蔵野北→ 法政大学   在学中

Q5 途中で担当の先生が変わるということはありますか?
A5 第一ゼミナールでは、毎回の授業ごとに担当の先生がコロコロ変わる、ということはありません。 ただし、クラスの増設や、担当の講師の大学の授業予定などにより、やむをえず途中で担当が変更になる場合もあります。
しかし、1年に何度も担当が変わって、生徒のみなさんに不安な思いをさせるようなことは、まずありませんのでご安心ください。

Q6 無料体験や、見学授業は、どの授業でも大丈夫ですか?
A6 はい。大丈夫です。 第一ゼミナールでは、実際に行われている授業を、無料体験で受講することが可能です。お子様だけでなく、保護者の皆様のご見学も歓迎いたします。
第一ゼミナールでは、いつも明るく楽しい授業を心掛けて、生徒のみなさんとのふれあいを大切にしております。見学に来ていただいて困るような授業はございません。
ただし、体験・見学をご希望される場合には、教材の準備などございますので、できれば前日までにお電話またはE-MAILにてご連絡いただけますと有り難いです。
なお、中学生のテスト直前の試験対策授業の場合には、内容により見学をお断りさせていただく場合がございます。ご了承ください。

無題