<中3夏期講習>私立高校《第一志望》の方 - 三鷹の塾ならいちゼミ 「選べる」オンラインでも!対面でも!
第一ゼミナールは三鷹市にある地域密着の学習塾です。
教室案内
2021年7月1日
<中3夏期講習>私立高校《第一志望》の方

中3生 夏期講習 お申込み受付中!!

夏期講習《早割》 7/10(土)申込締切⇒1週間期間延長!
夏期講習<一般> 7/24(土)申込締切

私立第一志望 の場合の夏期講習の選び方!

偏差値60以上の私立上位校が第一志望である場合
おススメは「私立上位校対策150時間パック」

英語 30時間レギュラーパック +ハイレベル12時間
数学 30時間レギュラーパック +ハイレベル12時間
国語 30時間レギュラーパック +ハイレベル12時間
理科               2学期予習12時間
社会               2学期予習12時間
-------------------------------
合計 5教科 全150時間パック

「都立高校を受験する可能性がない」
「私立は、できるだけ上位校を目指したい」
という2つの目標を持っている人が、最近多くなっています。

こういうケースの場合、私立高校志望だから、
理科や社会は夏休みのメニューからはずしてしまってよいのではないか・・・
と考えてしまうこともありますが、そういうわけにはいかないんです。

なぜなら、2学期の学校の成績・・・そう「内申」を、
2学期に爆発的にアップすることができれば、
今は目指せないレベルの高校の「単願」を取ることができる可能性もあるのです。

「いやーそんなこと言っても、なかなか内申は上がらないよ」
そうでしょうか。
本当に、上がらないでしょうか。

いちゼミでは、昨年度も、このコロナ禍のさなかに、
1学期から2学期まで、素点内申「4UP」「5UP」の塾生がおりました。
それも、もともと「1」や「2」ばかりのところから、ではありません。
成績がとりにくい、という三鷹一中や。三鷹四中での実績です。

私立高校で、できるだけ上位の高校を目指したい。
具体的に、偏差値60以上の高校が第一志望の場合、
「私立上位校対策150時間パック」
を強くおすすめさせていただきます。

偏差値50台の私立高校が第一志望である場合
おススメは「3科90時間パック+12時間の単科の組合せ」



私立高校が第一志望であり、
偏差値50台の高校を志望するのであれば、
上位校対策の授業を受ける必要はありません。

この場合は、
英語 30時間レギュラーパック 
数学 30時間レギュラーパック 
国語 30時間レギュラーパック 
-------------------
合計 3教科 全90時間パック

こちらを基本パターンとして考えていただくとよいかと思います。
そこにオプションで12時間のコースを組み合わせてゆく、という形になります。

たとえば、T高校が第一志望の場合、
英数国のハイレベルコースは受講の必要はありません。

しかし、T高校に推薦で入学するためには、
9教科の内申点で「素点31」をとらねばなりません。
ALL「3」+4ポイント。
漢検や部活動で2ポイント補うことができたとしても、
あと「4」を2つとらなくてはなりません。

となると、夏休みは、上記のメニューに
理科               2学期予習12時間
社会               2学期予習12時間
-------------------------------
をオプションで加えておいた方がよさそうです。
※いちゼミでは、このようなパックと単科の組合せ受講も可能です

さらに、T高校では入試の際に、得点がよければ、
特別進学コースにスライド合格できるという制度があります。

このような「スライド合格」や「特待生チャレンジ」を考えている場合、
得意教科を夏休み中にハイレベルコースで伸ばしておいたり、
苦手教科を夏休み中に個人指導で克服しておいたり、
という1人1人の目的・目標にあわせたカスタマイズが必要になってきます。

 

特に「英語」を苦手としている方に関しては、
この夏休みは、挽回するための最後のチャンスです。
マン=トゥ=マンの完全1対1プライベートレッスンで、
これまでの遅れをしっかり取り戻すことを提案させていただきます。


※個人指導枠には限りがございますので、
ご希望の方は、お早目にご相談をいただきますよう
よろしくお願いいたします。


いちゼミでは、特に私立高校の入試をお考えの方には、
塾長が事前にさまざまなケースについての可能性をご提案し、
全方向から合格に向けての作戦を立て、お子様を合格に導いてゆきます。

 

部活動との両立についてのこだわり

夏期講習<前半日程>のCクラスとは、
何らかの理由で、7/22から夏期講習に参加できない
という人のためのクラスです。

たとえば、野球のクラブチームに入っていて全国大会出場が決まったので
夏休み中も鬼のように練習が入っています・・・という人、
吹奏楽部に所属していて、8月前半にコンクールがあるので、
それまでは部活動に専念したいんです・・・という人など

いちゼミでは、そういう場合に、
「夏期講習を優先しましょう」という指導は絶対に行いません。
むしろ、「最後までしっかりやりなさい」とアドバイスをします。

もし、本年度もそういうふうに
7/22から夏期講習に参加できない、という人がおりましたら
できるだけ早めに塾長までご相談下さい。

 



授業内容についてのこだわり<前半>
夏期講習の内容は、夏期合宿をはさんで、大きく分けて
<前半日程><後半日程>に分かれます。

<前半日程>12日間 ⇒高校入試での得点力アップを目的とする
<後半日程> 
8日間 ⇒2学期の内申点アップを目的とする
という意味合いを持って、授業の内容を決めています。

<前半日程>12日間
1年生から、これまで学習した内容を、しっかり確認してゆきます。
カンタンな言葉で言えば「復習」ということになりますが、
ただ単純に過去に学習した知識をなぞってゆくだけの復習ではありません。
入試形式の問題を解きながら、確認をしてゆくという方式をとります。

(例)数学前半12日間の内容
(第1日) 計算の約束
(第2日) 1次方程式・2次方程式
(第3日) 連立方程式
(第4日) 関数の基礎知識 その1
(第5日) 関数の基礎知識 その2
(第6日) 関数 応用編
(第7日) 図形の公式
(第8日) 角度の問題
(第9日) 平面図形の証明
(第10日)空間図形の考え方
(第11日)資料の分析と活用
(第12日)模擬テスト対策

このような形で、これまでに学習した範囲の内容を入試問題を題材にしつつ復習してゆきます。
※テキストは塾長自作のモノを利用し、
 第1日~第6日  上巻 約80ページ
 第7日~第12日 下巻 約80ページ分となります。
つまり、数学の夏期講習は、<前半日程>12日間 だけでテキスト160ページ分!ということです。

 

授業内容についてのこだわり<後半>
合宿から帰ってからの<後半日程>は、
おもに2学期の内申対策・中間テスト対策を中心にした8日間です。

8日間というと、国・理・社では、90分×8日間ですので、
通常授業の2カ月分(当社比)の内容になります。

通常授業の2カ月分の内容、先取り予習をしてしまうわけですから、
これはツヨイですね!!
どの教科も、2学期中間テスト範囲のそのまた先まで、予習を済ませます!

実は、いちゼミでは、春期講習のときに
1学期の「内申爆上げ」のためのロケットスタート
という旗印を掲げ、各教科とも予習に専念しました。

そのおかげで、
1学期に、緊急事態宣言が延長されたり、
体育行事が行われたり、部活動の引退を迎えることになったり、
そういうときにも、いちゼミ塾生は、
あわてずに落ち着いて構えることができました。

なぜなら、中学校で学ぶことは、
ほとんどすでに、春休みに終わってしまっていたからです。

これと同じアドバンテージを2学期にも作っておきたい。
という、こだわりです。

2学期も、1学期と同様に、
緊急事態宣言になったりならなかったり、
修学旅行や合唱コンクールがあったりなかったりするかもしれません。
そういうときでも、落ち着いて構えていられるように。


また、1学期と異なるのは、
自分の目標がもっとハッキリ見えてくるかもしれません。

たとえば、都立高校の推薦入試を受けてみたい!
と強く思うかもしれません。
そんなときに、学校の授業の予習が一通りできていれば、
その分の時間を小論文や面接の対策に充てることも可能です。

たとえば、都立の自校問題作成校を受験したい!
と強く思うかもしれません。
しかし、学校の授業をうまくこなしきれていないようでは、
難しい自校作成問題の練習に手を出す余裕はありません。
そんなときに、学校の授業の予習が一通りできていれば、
もう1ステップ上の目標にチャレンジする気持ちが芽生えるかもしれません。

いちゼミのスケジュールには、
1つ1つの決定に、そういう「思い」がたっぷり込められているのです。

 

 


後悔しない高校受験。
キミも、いちゼミで!


////////////////////////////


中学3年生 夏期講習申込用紙 はこちら



第一ゼミナール新聞 7月号はこちら


ご質問・ご相談
夏期講習に関するご相談など、塾長が直接ご相談承ります。
〇e-mail uketsuke@d1zemi.com
〇本部教室 0422(47)8933

///////////////////////

お問い合わせフォーム
https://www.d1zemi.com/contact/ 
※お問い合わせ・資料請求は、こちらのフォームよりお申込み下さい。
※本部教室・三鷹台教室とも、こちらからお問い合わせ可能です。
※いちゼミでは、「学校にうまく通えない」というお子様のための成績サポートも可能です。

/////////////////////////////



お一組様 30分のお時間をお取りさせていただき、
対面またはオンラインで、個別にご相談ヲ承っております。

お電話0422(47)8933 でお申し込み承ります。
下記フォームより、web上でのご予約も可能です。

個別相談 お申込みフォーム(無料)
https://coubic.com/d1zemi/726981#pageContent
※お一人1枠30分個別相談のお申し込みフォームです。
※WEBから簡単にお申込みが可能です。
※満席の枠以外は、お申し込み可能です。
※キャンセル待ちの申込みも可能です

////////////////////////////


いちゼミ公式サイト(中学部 料金表)
https://www.d1zemi.com/juniorhighschool/

今週の時間割(本部・三鷹台・駅前)
http://mitakadai.d1zemi.com/info/week

塾長のブログ
いちゼミ塾生が「受験生」になる日
https://wordpress.com/post/d1boss.com/1458

お問い合わせはこちら
よくあるご質問はこちら